車いすでリハビリするならTVでも紹介された足こぎ車いす 下半身の障害や麻痺に

介護・福祉の現場で積極的にリハビリに取り組んでいただく環境を作るのが難しいとお伺いすることが多いです。そんな方におすすめしたいのが足こぎ車いすCOGYです。足こぎ車いすCOGYは、原始的歩行中枢を刺激する画期的なペダルを採用しています。

そのため、下半身に麻痺などの障害を負っていて、下肢をまったく動かすことができないという人でも、自力で車いすを動かすことができます。これまでの常識を覆す足こぎ車いすCOGYは、TVでも大々的に取り上げられており、TVをご覧になった多くの方からお問い合わせをいただいています。

こちらでは、足こぎ車いすCOGYが取り上げられたTV番組をご紹介しますので、足こぎ車いすCOGYの導入を検討している方はぜひご覧ください。

TV放送で話題沸騰!足こぎ車いすCOGYでリハビリをして麻痺や障害を乗り越えよう

エヴァンジェリストの一般社団法人 結の島 大島支部の方

「足こぎ車いす」という言葉を見て、「え!?」と思わず目を疑ってしまったという人は少なくないでしょう。

たしかに、車いすというものは元来足を動かせない人が乗るものであり、足でペダルをこぐということは足が動かせない人には到底できないことだと思う人が大半だと思います。

そこで、人が本来持っている歩く力、すなわち「原始的歩行中枢」に注目して開発されたのが、足こぎ車いすCOGYです。COGYは、わずかな力をペダルにかけるだけで動かすことができる、これまでに無いタイプの車いすです。

足こぎ車いすCOGYは、歩くことを諦めていた方々の顔に次々と笑顔を灯しています。足こぎ車いすCOGYの存在は個人から介護・福祉の現場まで瞬く間に口コミで広がっていき、ついには以下のTV番組で取り上げられるに至りました。

NHK サキどり「驚きの足こぎ車いす大反響★スペシャル」

視聴者の皆さんの「もう一度足こぎ車いすを見たい!」というラブコールにお応えして放送された番組です。脳卒中で歩くことができなくなり5年間寝たきりの生活を送っていた女性も、1年半前に脳卒中で右半身麻痺を患った男性も、足こぎ車いすでのリハビリを続けた結果、自分の身なりを整えたり、杖をついて歩いたりすることができるまでに回復されました。

なぜ足こぎ車いすでのリハビリによって多くの方が目覚ましい回復を見せたのか、その謎を科学的に検証していますので、ぜひご覧ください。

TBS モーニングクロス DEEPコレクション「あきらめない人の車いす」

高齢化社会で車いすの利用者が増えると考えられる中、歩くことをあきらめない人の車いすと銘打って開発された足こぎ車いすについて端的に解説しています。

BS-TBS ヒポクラテスの誓い「奇跡の車いすで歩行困難者の自立を支える」

入居者の半数以上の方が自力で歩行することが困難な介護福祉施設で足こぎ車いすでのリハビリ訓練を導入した結果、入居者の多くが身体機能の回復を実感。個人で足こぎ車いすを使うようになったパーキンソン病の方も、家族の付き添いなしで買い物に行けるまでになり、介助する家族の負担が大きく軽減されました。

足こぎ車いすが導入されている様々な事例が紹介されていますので、ぜひご覧ください。

麻痺などの障害でもペダルがこげる!足こぎ車いすで効率良くリハビリを

お店の前でCOGYに乗る男性

TVでも単独の特集が組まれるほど注目を集めている足こぎ車椅子COGY。

動画をご覧になった方はお気づきかと思いますが、足こぎ車椅子COGYに乗って自由を手に入れた方々は、皆素敵な笑顔を浮かべていらっしゃいました。

足こぎ車いすCOGYは人が本来持っている足を動かす力、さらには生きる力を引き出します。

事故や病気で歩く力を失ってしまった方も、生まれつき下半身を動かせない方も、ぜひ足こぎ車椅子COGYをリハビリに導入してみてください。

一般社団法人シンクロプラスでは、足こぎ車椅子COGYをより多くの方に知ってもらうため、普及活動を行っています。足こぎ車椅子COGYについてもっとよく知りたいという方は、ぜひお問い合わせください。

車いすでリハビリをご検討中の方は一般社団法人シンクロプラスへ!

会社名 一般社団法人シンクロプラス
住所 〒894-0771 鹿児島県奄美市名瀬大字小湊61番地
TEL 080-4087-3411
設立 2019年1月3日
代表理事 友野 秀樹
理事 文園弘美 / 舘野郁夫 / 
日比野良太郎 / 中谷昌文
事業内容 足こぎ車いすCOGY普及
URL https://synchro-plus.com
PAGE TOP