COGYってどんな車椅子なの?特徴やサイズは?

両足が動かせなくてもペダルをこぐことができる、魔法のような足こぎ車椅子COGY。足こぎ車いすCOGYをぜひ導入してみたいけれど、その前に足こぎ車いすCOGYとは一体どのような車椅子なのか、他の車椅子とどのように違うのか、特徴やサイズ、価格などの情報を詳しく知りたいという人は多いでしょう。

そこでこちらでは、足こぎ車椅子COGYの特徴やサイズ、さらには介護や福祉の現場で導入する際にかかる費用など、皆さんが気になるアレコレを徹底解説します。介護や福祉に携わっており、介護福祉施設での足こぎ車いすCOGY導入をお考えの方はもちろんのこと、個人で足こぎ車いすCOGYを利用したいとお考えの方もぜひご覧ください。

足こぎ車椅子COGYの特徴やサイズを徹底解説!介護福祉の現場への導入費用もご紹介

黄色のCOGY

足こぎ車椅子COGYには複数のカラー、サイズがあります。

カラーバリエーションは、ソリッドイエローとイタリアンレッドの2種類です。おしゃれなビビットカラーで、見ているだけで元気が湧いてきます。

ソリッドイエローの足こぎ車椅子COGYはSS(スモール)サイズ、Mサイズ、Lサイズの3サイズ、イタリアンレッドの足こぎ車椅子COGYはMサイズ、Lサイズの2サイズ展開となっており、SS(スモール)サイズは身長100~140cm、Mサイズは身長140~180cm、Lサイズは180cm以上の方まで対応可能です。身長が低めの方も高い方も自分にピッタリなサイズの足こぎ車椅子をお選びいただけます。

また、耐荷重はSS(スモール)サイズとMサイズについては100kg、Lサイズは136kgまでとなっているため、ほとんどの方が安心してご利用できます。

足こぎ車椅子COGYはデザインもスタイリッシュで、おしゃれなマウンテンバイクや自転車を彷彿とさせます。

そのため、足こぎ車椅子COGYに乗っていると「障害を持っているようには見えない」と驚かれることも少なくありません。足こぎ車椅子COGYは車椅子が持つ従来の地味でネガティブなイメージを払拭する、おしゃれでポジティブな介護福祉機器なのです。

続いて、気になる足こぎ車椅子COGYのお値段ですが、SS(スモール)サイズは398,000円(税抜)、Mサイズは329,000円(税抜)、Lサイズは370,000円(税抜)となっています。

また、足こぎ車椅子COGYはリハビリ車いすであるため、介護レンタルをすることが可能です。その場合、ひと月のレンタル料は15,000円です。

各市町村で介護保険を利用して介護レンタル費用の助成を申請すれば、1割負担の1,500円ほどでレンタルすることが可能ですが、自治体によっては介護保険の対象とならない場合があるので、お住まいの市町村に事前にお問い合わせください。

足こぎ車椅子COGYの特徴やサイズについてさらに詳しく知りたい方はお問い合わせを!

胸に手を当てるビジネスマン

足こぎ車椅子COGYはソリッドイエローとイタリアンレッドの2色展開、SS(スモール)サイズ、Mサイズ、Lサイズの3サイズ展開のおしゃれでスタイリッシュな車いすです。

価格は30~40万円ほどと通常の車椅子と比較すると高額ですが、介護保険を利用すれば、ひと月1,500円ほどでレンタすることも可能です。

足こぎ車椅子COGYのより詳細な特徴が知りたい方は、一般社団法人シンクロプラスにお問い合わせください。

COGYの利用をお考えの方は一般社団法人シンクロプラスへお問い合わせください

会社名 一般社団法人シンクロプラス
住所 〒894-0771 鹿児島県奄美市名瀬大字小湊61番地
TEL 080-4087-3411
設立 2019年1月3日
代表理事 友野 秀樹
理事 文園弘美 / 舘野郁夫 / 
日比野良太郎 / 中谷昌文
事業内容 足こぎ車いすCOGY普及
URL https://synchro-plus.com
PAGE TOP